その他、07/11/12付オリコン週間シングルチャートを詳細分析!

LINEで送る
Pocket

旅立ちの唄

11月12日付のオリコン週間シングルチャートをダイジェスト形式でまとめていきます。

ミスチルが週間首位を獲得したが、初動は25万枚どころかその手前の24万枚に届かなかった。補正係数がやや低めに出たようだ。
その他の結果も含め、最新のシングルチャートの結果を早速見ていきたい。


・速報組

1位…Mr.Children「旅立ちの唄」
火1→水1→木1→金1→土1→日1
初動23.8万枚
首位獲得は1994年6月の「innocent world」から27作連続・通算27作目。最終予測よりも約1000枚低い数字が出た。補正係数が1.75よりも低いものとなったためである。
映画「恋空」主題歌として、発売前には前作並かそれ以上の数字が期待されたものの、初動は23.8万枚となり前作「フェイク」(40万枚限定)の28.1万枚から約4.3万枚減。前作は限定ということもあり初週に売上が集中したという特性もあるが、今回はそれを考慮してもやや低かったと言える。
ミスチルは初動23.8万枚、映画「恋空」公開後の再加速がなければ… (当サイト速報記事)
ミスチル、ガッキー映画主題歌で27作連続1位! (From ORICON STYLE)



・その他新譜勢の結果

2位…GLAY 「Ashes.EP」
初動7.9万枚
初動7.9万枚は、前作「鼓動」の6.7万枚から1.2万枚増。序盤は大幅に伸ばすペースだったが徐々に失速。終盤は1種リリースの前作の推移と大差ないという展開だった。前作の推移と今作の推移をグラフに表すと、大体だが合流点が描かれるため、ファンの購買がその段階までで大体終わるということが分かる結果ともいえるだろうか。

4位…Aqua Timez 「小さな掌」
初動3.1万枚
初動3.1万枚は、前作「ALONES」の5.0万枚から約1.9万枚減。しかしその前の「しおり」の3.0万枚からは約1000枚増となった。
アルバムの先行シングルであることを考えてこの成績ならば、普段のシングルで5万枚ほど売る力は健在のようだ。

5位…Buono! 「ホントのじぶん」
初動3.0万枚
嗣永桃子(Berryz工房)、夏焼雅(Berryz工房)、鈴木愛理(℃-ute)の3人からなるハロプロの新ユニット。アニメ「しゅごキャラ!」の主題歌だが、ハロプロの作品にアニタイがついてもアニメイト効果が殆ど加わらなかったのは月島きらりの時と同様であり、今後同じようなパターンでのリリースの場合も特別な補正はないと考えていいだろう。
なお以前にもどこかでこそっと述べたかもしれないが、ハロプロ系のユニットはイベントをやっても一切補正は高騰しないというデータもある。

7位…Every Little Thing 「恋をしている/冬がはじまるよ feat.槇原敬之」
初動2.3万枚
初動2.3万枚は、前作「キラメキアワー」の1.4万枚から約9000枚増。当初期待されたほどの伸びでなかったとはいえ、最近沈んでいたELTが一気に今作で這い上がったとしてもいいだろう。なお順位は前作の14位を大幅に上回った。

8位…FUNKY MONKEY BABYS 「もう君がいない」
初動2.0万枚

初動2.0万枚は、前作「ちっぽけな勇気」の1.7万枚から約3000枚増。8位は前作の初登場時と同じだが、初動の方はもちろん自己最高のものとなった。

9位…川田まみ 「JOINT」
初動1.6万枚
初動1.6万枚は、前作「Get my way!」の0.7万枚から2倍以上の大躍進。I’ve勢ではKOTOKOに次ぐトップ10入りとなった。なお「緋色の空」の初動を約60枚下回り、自己最高初動更新はならなかった。

10位…AKB48 「夕陽を見ているか?」
初動1.5万枚
最終日のイベント効果による怒涛の猛追でトップ10内に滑り込みを果たした。初動1.5万枚は、前作「僕の太陽」の2.6万枚から約1.1万枚減となり、やや大きな減少となっている。
「10位に入ったことでまたトップ10からの急落記録が騒がれる」という点で、来週以降の注目点が一つ増えたのは間違いない。

11位…access 「Doubt&Trust~ダウト&トラスト~」
初動1.5万枚
初動1.5万枚は、前作「瞳ノ翼」の0.6万枚から2倍以上の大躍進。順位も前作の28位から一気に17ランクも上げる形になった。

14位…ムック「ファズ」
初動1.0万枚
初動1.0万枚は、前作「フライト」の0.9万枚から約1200枚増。アニメタイアップ効果が効いての上昇となった。なお売上は上がったものの、初登場14位は前作と変わらなかった。

15位…胸ぺったんガールズ 泉こなた(平野綾)、小早川ゆたか(長谷川静香)、岩崎みなみ(芽原実里) 「らき☆すた キャラクターソング Vol.010 胸ぺったんガールズ(みんなで5じぴったん)」
初動1.0万枚
17位…背景コンビ 日下部みさお(水原薫)、峰岸あやの(相沢舞) 「らき☆すた キャラクターソング Vol.009 背景コンビ(“ラ”はらき☆すたの“ラ”)」
初動0.9万枚
初動1.0万枚と0.9万枚は、これまでの8枚のキャラソン作品の中で最も初動が低かった高良みゆき(遠藤綾) 「らき☆すた キャラクターソング Vol.004 高良みゆき(萌え要素ってなんですか?)」の1.1万枚をさらに下回ってキャラソン内での初動ワースト1位・2位となった。特に胸ぺったんガールズの方は人気声優の平野綾・茅原実里の2枚看板(キャラソンの発売週別で見ても売上1位同士)でも初動は僅かに1万枚を超える程度というところがやや意外な展開だろう。
リリース乱発(白石含む)、さらにDVD同時発売(初登場5位)、ジャケットの統一性が失われるなどの影響で一気に売上が減少したと見られる。

16位…TM NETWORK 「WELCOME BACK 2」
初動1.0万枚
初動1.0万枚は、前作「NETWORK」の1.8万枚から約8000枚減。前作から約3年という月日が開いていることから考えれば、大健闘の成績だろう。

22位…Base Ball Bear 「愛してる」
初動0.7万枚
初動0.7万枚は、前作「真夏の条件」の0.6万枚から約1100枚増。順位も前作の26位を上回っている。「ドラマチック」のようなセールスがもう一度欲しいところだろう。

25位…清春 「MELODIES」
初動0.7万枚
初動0.7万枚は、前作「輪廻」の0.7万枚から約500枚増。週末は相変わらずの急落だったが、指数は前作ほどの急落を見せなかった。土曜付で一度指数が回復しているのも大きなポイントであり、今回は前作のような暴落一直線ではなかった。

27位…河村隆一「Once Again」
初動0.6万枚
初動0.6万枚は、前作「誰の為でもなく君に… 」の1.4万枚から半減以下。順位も前作の15位を大幅に下回ってしまった。
ちなみに一つ上・今週26位の関ジャニ∞とは1300枚差。ここに一つ大きな壁が存在している。

28位…ウルフルズ 「たしかなこと」
初動0.5万枚
初動0.5万枚は、前作「両方 For You/泣けてくる」の0.7万枚から約2100枚減。順位は前作の15位をなんと13ランクも下回ってしまった。

29位…JULEPS 「旅立つ日~完全版」
初動0.5万枚
10月末にDVDが発売されたアニメ「象の背中」の主題歌。今作がデビューシングルである。めざましテレビでの紹介を機に初日から37位という好発進、2日後には17位まで上っている。
11月15日にめざましテレビに出演する予定であり、それを契機にさらなる順位上昇もありそうだ。

30位…断ち切り隊 「恋の激ダサ絶頂!」
初動0.5万枚
アニメ「テニスの王子様」関連作品で不二周助、白石蔵ノ介、千歳千里、宍戸亮の4人による”スペシャルユニット”によるシングル。ちなみにタイトルの「絶頂」は「エクスタシー」と読む。初動0.5万枚は、直近に同時発売された関連作品である宍戸亮「EMBLEM」の0.3万枚(37位)と、越前リョーマ 「Wonder Land」の0.3万枚(45位)の両方の数字を上回っている。
なお「テニスの王子様」関連シングルは、2007年度では13作目である。トータル作品数はこれまでに126作品(手集計)。


(最終更新 21:31)
ウルフルズの前作に関する情報が間違っていたため訂正。

関連記事
07/11/04(日)付オリコン週間暫定順位:毎週これなら大歓迎の最終予測!
07/11/03(土)付オリコン週間暫定順位:アクア3位・Buono!は最低で7位?
07/11/02(金)付オリコン週間暫定順位:3位~7位は3000枚差大激戦!?
07/11/01(木)付オリコン週間暫定順位:3位以下、バンプの2週目との攻防に
07/10/31(水)付オリコン週間暫定順位:ELT、なんと2日で前作初動突破!
07/10/30(火)付オリコン週間暫定順位:ELTが超大躍進、完全復活へ!

07/11/04(日)付デイリーチャート速報:バンプ2位、ボーノは10位で結果待ち!
07/11/03(土)付デイリーチャート速報:ミスチル、25万割れは避けられない見通し
07/11/02(金)付デイリーチャート速報:バンプ VS 新譜勢、週末決戦へ…
07/11/01(木)付デイリーチャート速報:GLAYの週間2位、今日確定なるか?
07/10/31(水)付デイリーチャート速報:アクアがELTを逆転…さらに3位へ!
07/10/30(火)付デイリーチャート速報:ミスチル圧巻、1日で売上9万枚!
07/10/29(月)付デイリーチャート速報:週間速報分析・旧作編と同時解説

旅立ちの唄
旅立ちの唄Mr.Children 桜井和寿

トイズファクトリー 2007-10-31
売り上げランキング : 3

おすすめ平均 star
star何故?
starMr.Children会心の名曲
star聞けば聞くほど好きになる曲

Amazonで詳しく見る

 


この記事をご覧の方には、以下の記事もおすすめです

1 Response

  1. bun より:

    お疲れ様です。
    ELTの復活、accessのアニタイによる爆上げも波乱でしたが胸ペタの不振も波乱の1つかもしれませんね。
    茅原は24日にアルバム発売(+みなみけキャラソン)、平野は明日7日の新曲発売があったのでファンの買い控えもあったのかもしれませんねぇ。