その他、08/06/23付オリコン週間シングルチャートを詳細分析!

LINEで送る
Pocket

VERB(初回生産限定盤)DVD付6月23日付オリコン週間シングルチャートをダイジェスト形式でまとめていきます。

2008年度第27週目のシングルチャートを制したのはGLAY。GLAYは4曲収録の倖田來未を抑えて週間1位を獲得した。倖田來未は通常通りの補正量で2位となっている。
その他の結果を含め、最新の週間チャートを見ていきたい。



・速報組

1位…GLAY 「VERB」
初動9.8万枚
週間初登場1位を獲得。日本テレビ系「音楽戦士」のOPテーマ。収録曲違いの2種類のパッケージがリリースされた。
前作「Ashes.EP」の初動は2位・7.9万枚であり、約2万枚増。GLAYの週間1位は、昨年4月リリースの「鼓動」(初動6.7万枚)以来約1年2か月ぶりとなった。
・6:47頃、フジテレビ系「めざましテレビ」が報じました。
・7:31頃、日本テレビ系「ズームイン!!SUPER」が報じました。

2位…倖田來未 「MOON(Moon Crying/That Ain’t Cool/Once Again/Lady Go!)」
初動8.8万枚
週間初登場2位。「羊水発言騒動」後は初めてのシングルリリース。さらに4曲A面シングル扱い。「Moon Crying」が、ドラマ「パズル」主題歌。「That Ain’t Cool」が、Black Eyed Peasのファーギーとの共演作で、「music.jp」CMソング。「Once Again」では、作詞・作曲をPUSHIMが担当。「Lady Go!」が、KOSE「VISEE」CMソング。4曲中3曲にタイアップがついている。
完全限定生産の前作「anytime」の初動は4位・4.3万枚であり、そこから倍増した。ここ最近のシングル初動の中でも高い水準に入り、同じく4曲A面シングル扱いの「FREAKY」(昨年6月リリース・初動10.8万枚)以来の高初動となる。
倖田來未、「羊水腐る」発言からの復帰作で前作比売上倍増だが… (当サイト速報・分析)
倖田來未、復帰作で大幅売上アップ! (From ORICON STYLE, Yahoo!ニュース経由)


・その他、新譜勢の週間結果
上位の売上の多くが最終予測を上回ったが、High-Kingは逆に大きく下回り、その結果ほぼすべての作品の売上が、最終予測と大きく異なる事態となった。
31位以下の新譜筆頭は、42位に入ったCrystal Kay(2300枚)。次いで元気ロケッツの43位(2300枚、42位と11枚差)。音速ラインは46位(2000枚)。ニコニコ動画の「初音ミク」作品・dorikoは夕日坂が66位(1200枚)、「歌に形はないけれど」が73位(1200枚)。
旧作は、GReeeeNが5位(5.3万枚)。10位にAqua Timez(1.1万枚)が入った。タッキー&翼は12位(8700枚)となり、先週の2位からトップ10落ち。14位になんと氷川きよし(7100枚)がランクイン。
今週の100位は、高橋瞳の792枚。

3位…UVERworld 「激動/Just break the limit!」
初動6.4万枚

「激動」がアニメ「D.Gray-man」OPテーマ。「Just break the limit!」が、POCARI SWEAT presents「ブカツの天使」応援ソング。
前作「浮世CROSSING」の初動は3位・4.8万枚であり、約1.6万枚増。人気アニメのタイアップ効果で、前作に比べて大幅に伸ばしている。

4位…T.M.Revolution 「resonance」
初動5.8万枚

TMRとしては2年10か月ぶりのシングルリリース。アニメ「ソウルイーター」OPテーマ。
前作「vestige-ヴェスティージ-」の初動は1位・12.2万枚であり、半減未満。前作は同じアニメタイアップでも、当時最強アニタイと言われた「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の挿入歌。さらにブランクも重なって、大幅減となった。

6位…High-King 「C\C(シンデレラ\コンプレックス)」
初動2.8万枚
High-Kingは高橋愛・田中れいな(以上モーニング娘。)・清水左紀(Berryz工房)・矢島舞美(℃-ute)・前田憂佳(ハロプロエッグ)の5人から成るハロプロ発のスペシャルユニット。「シンデレラ the ミュージカル」の応援歌。初動は3万枚に届かなかった。

7位…童子-T 「もう一度…feat. BENI」
初動2.6万枚
フジテレビ系月9ドラマ「ロングバケーション」(1996年)の劇中曲「Close to You~セナのピアノII~」をサンプリングしたバラード曲。前作「ONE LOVE feat.清水翔太」(2007.7)の初動は98位・0.1万枚であり、約26倍。大幅躍進となった。金曜付けでは、フジテレビ系列「とくダネ」での紹介効果で大きく売上を伸ばしていた。

8位…大橋卓弥 「SKY」
初動1.7万枚

映画「ダイブ!!」の主題歌。前作「ありがとう」の初動は3位・2.5万枚であり、約8000枚減。週末には売上がほとんど回復せず。アルバム先行シングルということが伸びを阻んだ形だ。

9位…Angelo 「CHAOTIC BELL」
初動1.2万枚
リリースは前作から約1年3か月ぶり。前作「WINTER MOON」の初動は13位・1.1万枚であり、約1000枚増。「REBORN」(初動1.1万枚)が記録した11位を上回り、自身初のオリコン週間トップ10入り。

19位…土屋アンナ feat.AI 「Crazy World」
初動0.5万枚
今作はAIとの共演作。前作「cocoon」の初動は19位・0.5万枚であり、ほぼ同水準。

30位…jealkb 「花」
初動0.4万枚

ロンブーの淳率いるV系バンド・jealkbの新曲。前作「Fly」の初動は24位・0.6万枚であり、約2000枚の大幅減。


(最終更新 20:52)
氷川きよしの売上は、四捨五入で7100枚でした。
なお追記しますと、氷川きよしは先週の78位からのランクアップ。期間内の月曜日にコンサートを行っていますが、その前の週は2度やっています。「NHK歌謡コンサート」の出演は今日であり、もちろん今週分(今日発表)の売上に影響はありません。


関連記事
08/06/15(日)付オリコン週間暫定順位:GLAY>倖田の週間最終予測!
08/06/14(土)付オリコン週間暫定順位:低調な土曜・指数減は全体傾向か?
08/06/13(金)付オリコン週間暫定順位:13日の金曜日…回復それとも下落?
08/06/12(木)付オリコン週間暫定順位:童子-T強し、大橋卓弥を捲る勢い!
08/06/11(水)付オリコン週間暫定順位:GReeeeN、次週の6位以上が確定
08/06/10(火)付オリコン週間暫定順位:TMRも指数1万以上のスタート!

08/06/15(日)付デイリーチャート速報:一転、大半の作品で売上大幅回復
08/06/14(土)付デイリーチャート速報:漁夫の利?GReeeeNが1位浮上!
08/06/13(金)付デイリーチャート速報:GLAY、倖田に約100差まで迫られる!
08/06/12(木)付デイリーチャート速報:宇多田が「ラスト・フレンズ」効果で急上昇!
08/06/11(水)付デイリーチャート速報:UVERが倖田來未を逆転、2位浮上!
08/06/10(火)付デイリーチャート速報:GLAY、4A倖田來未を抑え1位だが…?
08/06/09(月)付デイリーチャート速報:今週の週間順位・売上同時速報!


VERB(初回生産限定盤)DVD付
VERB(初回生産限定盤)DVD付GLAY TAKURO Bono

EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2008-06-11
売り上げランキング : 28

おすすめ平均 star
star最高過ぎる!!GLAY!!
starびっくりした!!
star進化したGLAYサウンド!

Amazonで詳しく見る


この記事をご覧の方には、以下の記事もおすすめです

18 Responses

  1. thebes より:

    倖田は4A+FC盤でこの数字となると次作以降厳しい結果が出るでしょうね、ここらで一つヒット曲を出さないと事務所的にも苦しいでしょう。

  2. エルメス より:

    確かに高いですが、倖田來未は4Aですからね…
    4A比較ならば4 hot waveからずっと下がり続けてるわけで、あんまりいい傾向ではありません。
    宣伝費に金をかけている分、取り巻く状況は少しずつ厳しくなってますよ。

  3. りな より:

    GLAYは1位とはいえ収録曲違いの複数ですから個人的には素直に祝福できませんね。伝統あるバンドのする事ではありませんよね…。
    倖田は4Aとは言えないでしょう。1曲はタイアップさえついてませんしTVで歌ったのもmoon cryingだけです。これまでは他の曲も歌ってました。
    去年の80パーセントの初動はCD業界の不況を考慮して相対的に見た場合ほぼ横ばいじゃないですか。アルバム累計がが去年の60パーセント程度と不調だったので。
    このシングルは累計でも伸ばして復活して貰いたいですね。

  4. より:

    GLAYファンから言わせてもらえれば、カップリングの2曲は配信で既に配信済ですし、
    『100万の~』のような悪どい複数商法という認識は無いのが実情だと思われます。
    又、初回盤を1枚買えば音源は全て入手出来る状態ですので、強制力のある形態ではないことは明らかです。

  5. 通りすがり より:

    >りなさん
    4Aとは言えないというのはさすがに無理がありますよ。
    タイトルは「MOON(Moon Crying/That Ain’t Cool/Once Again/Lady Go!)」ですし、
    公式サイトでも「4 elements single『MOON』」と書いてあります。

  6. ルーシー より:

    確かにGLAYの曲はカップリング曲が先行配信されていたので、複数商法での結果でないかもしれないですね!しかし10万枚までは…。
    一方、倖田來未は今作が再起をかけた作品なのに売り上げがこれだと…。
    次回に期待しましょう。

  7. dairyperson より:

    氷川さん14位!?
    自分氷川さんも少し贔屓にしてますが、
    何かイベントでもあったのでしょうか…?
    全く思い当たらないのですが(・。・;

  8. 天野優樹 より:

    GLAYの数字はジャニーズなら10万枚越えになるんだろうなぁ。ただGLAYは元々最終補正が少ないからこれぐらいか。
    GLAY、くぅ、TMの三つ巴かと思われたが共倒れみたいな結果ですね。アニソン同士でTMを破ったUVERはこれで本格化して欲しいものです。

  9. INOOPY より:

    氷川きよしが14位?7200枚?何かあったんでしょうか。

  10. 黒木 より:

    Angeloは無事TOP10に入れましたか
    でもやっぱりPIERROTの頃と比べると初動減ってますよね

  11. 通りすがり より:

    >>らさん
    DVDのSTARLESS NIGHTはライブ映像ですからね。
    TARLESS NIGHTはサッカー、CMタイアップですしファンならちゃんとしたCD音源も手に入れたくなるのは当然です。
    先着特典のポスターも2種ですし今回文教堂で通常盤の動きがかなり良かったのもそれを物語っています。
    倖田來未さんの複数商法が悪質過ぎて目立ってますが、TMRの3タイプ中2枚買って応募するイベントも売上にかなり影響してると思われます。
    将来的にはこのような複数商法も普通になるのでしょうか。

  12. あか より:

    今回のGLAYは初回盤だけでは音源揃いませんよ

  13. 矢沢 より:

    >>あかさん
    初回盤で全て揃いますよ。
    あくまで”音源”ですが。

  14. きよしファン より:

    氷川きよしくんは6月13日と6月15日に同じ事務所の鹿島ひろ美さんとコンサートを行いました。
    ファンクラブ以外の客も多かったらしく、この2日間のコンサートでたくさん売れたのだと思います。

  15. あか より:

    揃いません
    DVD音源はライブバージョンです

  16. 矢沢 より:

    >>あかさん
    実際にCDを購入されましたか?
    DVD付属のSNは、音はCD音源が使用されています。
    つまり、SNのCD音源にliveの映像をはめこみした物となっています。
    その為、初回盤を購入することでSNのCD”音源”を聴くことは可能です。

  17. あか より:

    そうなんですか
    まあどのみちちゃんとした音源が2枚買うか配信で買わない限り揃わないので悪質なことには変わらないですね

  18. INOOPY より:

    >>14.
    ありがとうございます、理由がわかってすっきりしました。
    デイリーに1回もTOP30入りしていないのに……
    と思っていましたが、コンサート会場はデイリー対象外なんですね。