その他、09/07/13付オリコン週間シングルチャートを詳細分析!

LINEで送る
Pocket

Everything(初回限定盤)7月13日付オリコン週間シングルチャートをダイジェスト形式でまとめていきます。

2009年度第30週目のシングルチャートを制したのは嵐。嵐は今年の全シングル作品中3番目の初動売上を記録した。
その他の結果を含め、最新のシングルチャートの結果を見ていきたい。 

・速報組

*1位…嵐 「Everything」
初動34.2万枚

週間初登場1位。嵐のシングル。「au by KDDI」CMソング。2種リリース。前作「明日の記憶/Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~」の初動は1位・50.2万枚であり、約16万枚減。リリース条件の悪化により、前作から大幅に売上を落とした。しかしこの初動売上でも、嵐の前作・前々作に続き、今年リリースされたシングル中3番目の初動売上となる。シングルの1位獲得は16作連続となった。
なお、デイリーの推定売上計とは1万枚以上の誤差が出ている。
嵐が今年3枚目のシングル1位を記録、またも初動だけで年間トップ10入りへ (当サイト記事)
嵐、09年シングル初動売上記録TOP3を独占 (From ORICON STYLE)
【オリコン】嵐、09年シングル初動売上記録TOP3を独占 (同Yahoo!ニュース)

・その他、新譜勢の週間結果
 31位以下の新譜筆頭は、DS455で33位(2800枚)。次いで風雅なおとの35位(2500枚)。以下抜粋すると、GLORY HILLが50位(2000枚)、導楽が55位(1700枚)、傳田真央が68位(1400枚)、山根康弘が70位(1300枚)、咲岡里奈が134位(540枚)。初音 feat.KEN THE 360は153位(440枚)で、著しく成績が落ちている。
 旧作は遊助が、3位と約150枚差の4位(3.2万枚)。AKB48が6位(2.0万枚)。嵐の「明日の記憶」が9位をキープ(7800枚)し、新旧同時トップ10入り。着うたで人気沸騰中のJASMINEが先週から順位を上げて10位(6900枚)となり、2週目でトップ10入りした。先週3位のBIGBANGは、TV出演効果で粘って11位(6500枚)。しかし、先週6位の清春は74位(1300枚)、同8位のVersaillesは75位(1300枚)まで暴落した。
 なお、今週の100位は兵庫ケンイチで824枚。

*2位…東方神起 「Stand by U」
初動18.2万枚

週間初登場2位。韓国発の男性グループ・東方神起のニューシングル。mu-mo及びファンクラブ限定発売盤・東京ドーム限定盤を含め、4種リリース。前作「Share The World / ウィーアー!」の初動は1位・9.8万枚であり、約8.4万枚増。前作の倍近い初動売上を叩き出し、自己最高初動を大幅に更新した。
しかし、もはやシングル最強の座に君臨した嵐には勝てず。順位はこの売上でも2位となった。

*3位…flumpool 「MW~Dear Mr.& Ms.ピカレスク~/夏Dive」
初動3.2万枚

週間初登場3位。両A面シングル。「MW~Dear Mr.& Ms.ピカレスク~」が、映画「MW-ムウ-」主題歌。2種リリース。前作「星に願いを」(3種)の初動は2位・4.2万枚であり、約1万枚減。映画公開、スピンオフドラマ放映、Mステ出演の効果により、遊助を下した。シングルは2作連続トップ3入り。

*5位…℃-ute 「暑中お見舞い申し上げます」
初動2.8万枚

週間初登場5位。ハロプロ発のグループ・℃-uteのニューシングル。キャンディーズのカバー曲。2種リリース。前作「Bye Bye Bye!」の初動は4位・2.5万枚であり、約3000枚増。リリースした9作全てトップ10入り。

*7位…GACKT 「Flower」
初動1.5万枚

週間初登場7位。GACKTの連続リリース第4弾。ファンクラブ限定盤含め、2種リリース。前作「LOST ANGELS」の初動は5位・1.5万枚であり、ほぼ同水準。週末にはMステにも出演していたが、伸びが足りず、最終弾で大幅増を成し遂げることは出来なかった。

*8位…John-Hoon 「Blue Moon」
初動0.8万枚

週間初登場8位。韓国人アーティスト・John-Hoonのニューシングル。ドラマ「恋愛兵法」イメージソング。2種リリース。前作「You are not alone」の初動は12位・1.2万枚であり、約4000枚の大幅減。さらに、週末にはデイリートップ50から姿を消しており、次週の順位に注目が集まりそうだ。

12位…ブンブンサテライツ 「BACK ON MY FEET」
初動0.6万枚

週間初登場12位。テクノ&ロックユニット・ブンブンサテライツのニューシングル。アニメ「亡念のザムド」OPテーマ。3種リリース。前作「EASY ACTION」(2種)の初動は38位・0.4万枚であり、約2000枚増。前作から大幅に順位を上げた。週間トップ20入りは自身初となる。

13位…土屋アンナ 「Brave vibration」
初動0.6万枚

週間初登場13位。資生堂「アネッサ」CMソング。2種リリース。前作「Virgin Cat」(1種・アルバム先行)の初動は39位・0.2万枚であり、約4000枚の大幅増。前作から順位・売上ともに激増した。この名義のトップ20入りは通算5作目となる。

14位…氷帝エタニティ 「坂道の果てへ」
初動0.5万枚

週間初登場14位。アニメ「テニスの王子様」キャラクターソング。OVA「テニスの王子様」テーマソング。この名義の前作「不条理」の初動は19位・1.0万枚であり、約5000枚減。前作の19位を上回り、グループの最高初動を更新した。デビュー以来2作連続のトップ20入り。

15位…Kalafina 「storia」
初動0.5万枚

週間初登場15位。NHK総合「歴史秘話ヒストリア」OPテーマのカバーソング。2種リリース。前作「Lacrimosa」の初動は14位・1.0万枚であり、約5000枚減。タイアップ(厳密にはタイアップではない)の弱さが響いたためか、順位・売上ともにダウン。

22位…大川栄策 「浪花ことぶき」
初動0.4万枚

週間初登場22位。演歌歌手・大川栄策のニューシングル。前作「二人の旅路」の初動は33位・0.4万枚であり、ほぼ同水準。順位は前作から大幅に上がったものの、約26年ぶりの週間トップ20入りは達成できなかった。

23位…AZU 「I WILL」
初動0.4万枚

週間初登場23位。AZUのニューシングル。「レコチョク」CMソング。2種リリース。前作「いますぐに…」の初動は23位・0.5万枚であり、約1000枚減。前作に並ぶ自己最高位タイの成績だが、売上はダウンした。

デイリーチャート速報・暫定順位一覧
09/07/05(日)付オリコン週間暫定順位:週間速報直前、今週の最終予測
09/07/04(土)付オリコン週間暫定順位:遊助が上昇、3位争いを制す?
09/07/03(金)付オリコン週間暫定順位:嵐は明日30万枚突破、新旧同時トップ10入り濃厚
09/07/02(木)付オリコン週間暫定順位:flumpool3位浮上、映画効果に期待
09/07/01(水)付オリコン週間暫定順位:好景気?2週連続で2位まで10万枚突破
09/06/30(火)付オリコン週間暫定順位:初日で前作並、東方神起が猛加速!

09/07/05(日)付デイリーチャート速報:最終日に嵐陥落、東方神起が1位浮上!
09/07/04(土)付デイリーチャート速報:東方神起、東京ドームツアー効果で急上昇!
09/07/03(金)付デイリーチャート速報:嵐に余裕あり、勢い落ちても年間トップ10入りへ
09/07/02(木)付デイリーチャート速報:嵐が前作のペースに接近、東方神起13万枚突破!
09/07/01(水)付デイリーチャート速報:嵐が新旧同時トップ10入り、東方神起は自己最高の売上ペース!
09/06/30(火)付デイリーチャート速報:嵐は前作-10万枚減の初日、東方神起が1日で9万枚超!
09/06/29(月)付デイリーチャート速報:今週のウイークリー結果と同時速報!

Everything(初回限定盤)
Everything(初回限定盤)

ジェイ・ストーム 2009-07-01
売り上げランキング : 7

おすすめ平均 star
star今の嵐の素のステキさを満喫!
star嵐さんからファンへの感謝を込めた人生応援歌の結実ですね
star2曲聴いて!!

Amazonで詳しく見る 


この記事をご覧の方には、以下の記事もおすすめです

5 Responses

  1. るる より:

    嵐はデイリーの売上を見ていても安定していましたね。
    東方が凄い勢いできたのでどうなるかと思いましたが、、やはり嵐は強いですね。

  2. 虹使い より:

    GLORY HILLは限定1万枚シリーズのGET UPを峠に売り上げががた落ちしていますね…
    DAYSは一部ではグロヒルらしくないと言われている模様ですが、それも関係あるんでしょうか。
    奥村初音もHIP HOPとのコラボに批判がある模様です。

  3. にゃーさん より:

    管理人様、お忙しい中いつもたくさんの情報を有難うございます。
    毎日のようにお邪魔していますが、初コメになります。
    今週は嵐と東方神起の売り上げが桁違いで、
    大きい数字にワクワクする私には楽しい週でした。
    嵐さんはジャケ写もほぼ同じで2曲のみ、MVかカラオケの2種で
    限定イベントも無く、シンプルな売り方でしたね。
    日経さん調べでは、発売当日に売り切れの相次いだ前作の初回盤2種は
    共に約20万枚の売り上げだそうで、今作1種減った事を考慮すると
    16万枚減はそんなに悪くない結果な気もします。
    東方神起さんは4種売りではあるものの、前作の倍近い売り上げで
    ファンが増えたのがよく分かります。初東京ドームも成功しましたし、
    ニュースでの特集や東京フレパなど、色んな所で姿をみました。
    今月末には今作の台湾盤CD2種、8月は1万円超えのDVD、
    9月には先日行ったばかりの東京ドームのDVDのリリースと聞いて、
    まだまだ攻めるなぁって思いました。
    ただ、週間チャートは面白かったのですが、
    ファンの多い2組なのでファンの間での衝突も目にしました。
    ジャンルは違えど音楽は楽しむものだと思うので、
    音楽を純粋に楽しむには発売週をずらした方が良かった気もします。

  4. mana より:

    嵐は2種でも売りますねー
    ≫もはやシングル最強の座に君臨した嵐
    確かにそうですよね
    8月のアルバムも楽しみです
    東方神起はファンが増えたのは確かだと思いますが、うーーん・・・

  5. ジョニー より:

    嵐は、1形態が平均16~17万枚ぐらいを売り上げていることがわかり、勢いは衰えていないと言える。3形態で約50万枚、2形態で約34万枚なので、今回3形態であれば、約50万枚を売り上げた可能性が高い。リリース形態の減少以外に嵐の勢いを止める要素は、今のところなさそうである。