その他、10/09/20付オリコン週間シングルチャートを詳細分析!

LINEで送る
Pocket

Love Rainbow 【初回限定盤】 (CD+DVD)9月20日付オリコン週間シングルチャートをダイジェスト形式でまとめていきます。

2010年度第39週目のシングルチャートを制したのは嵐。嵐はまたしても初動50万枚を突破し、年間ランキングのトップ10内に登場した。
その他の結果を含め、最新のシングルチャートの結果を見ていきたい。



・速報組

*1位…嵐 「Lφve Rainbow」
初動52.9万枚
週間初登場1位。ドラマ「夏の恋は虹色に輝く」主題歌。2種リリース。前作「To be free」(1種)の初動は1位・42.6万枚であり、約10.3万枚の大幅増。大幅に売上を伸ばし、2作ぶりに初動50万枚を突破した。今年リリースされた嵐の4作品のうち、3作が50万枚を突破したことになる。1位獲得は21作連続通算28作目。
嵐、月9主題歌で21作連続首位 今年3作目のシングル初週50万枚超え (From ORICON STYLE)

*2位…GLAY 「Precious」
初動6.3万枚
週間初登場2位。日本テレビ系「スッキリ!!」EDテーマ。2種リリース。前作「I am XXX」の初動は2位・4.0万枚(3日集計)であり、約2.3万枚増。前作に続く2位にランクインした。トップ10入りは36作連続通算36作目。
嵐・少女時代・ジュンス/ジェジュン/ユチョン…今週のオリコンランキング (From Boglobe Music)

*3位…放課後ティータイム〔平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬・中野梓(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈)〕 「ごはんはおかず/U&I」
初動5.3万枚
週間初登場3位。アニメ「けいおん!!」登場キャラクターの平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬・中野梓(CV: 豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈)によるロックバンド・放課後ティータイムの両A面シングル。2曲とも同番組の劇中歌。1種リリース。6月リリースの劇中歌「ぴゅあぴゅあはーと」の初動は4位・4.4万枚であり、約9000枚増。順位・売上共にアップさせた。「けいおん!」関連シングルのトップ10入りは、18作連続通算18作目。なお、放課後ティータイム名義では今年だけで(今作を含む)6枚のシングルがリリースされており、全て初登場トップ10入りしている。今週の週間チャートでは、この6枚が全てトップ100入りした。
「けいおん!!」劇中歌「ごはんはおかず/U&I」が初登場3位を記録! (From MSNエンタメ)

*4位…少女時代 「GENIE」
初動4.4万枚
週間初登場4位。韓国の女性ボーカルグループ・少女時代の日本初シングル。3種リリース。デビュー作で初登場4位にランクイン。海外の女性アーティストのデビュー作としては歴代最高順位を記録した。また初動売上は、先日デビューした同じ韓国発の女性グループ・KARAの「ミスター」(2.9万枚)を大幅に上回った。
少女時代、デビュー曲初登場4位。アルバム1位も韓国パワー (From ラ日テレNEWS24)

*5位…フレンチ・キス 「ずっと 前から」
初動4.1万枚
週間初登場5位。AKB48の柏木由紀、高城亜樹、倉持明日香によるユニット “フレンチ・キス” のシングル。アニメ「メジャー 第6シーズン」EDテーマ。3種リリース。デビュー作で4万枚を超える初動売上をマークした。AKB48の派生ユニットのデビュー作の売上としては、チームドラゴン from AKB48に次ぐ勢いとなった。
嵐・少女時代・ジュンス/ジェジュン/ユチョン…今週のオリコンランキング (From Boglobe Music)

・その他、新譜勢の週間結果
・WaTが辛うじてトップ10を死守。

*8位…大塚愛 「I LOVE ×××」
初動1.0万枚

週間初登場8位。「第77回NHK全国学校音楽コンクール」中学校の部課題曲。NHK「みんなのうた」使用曲。2種リリース。前作「ゾッ婚ディション/LUCKY☆STAR」の初動は6位・1.2万枚であり、約2000枚減。順位・売上共に前作からダウン。これまでいきものがかりやアンジェラ・アキが売上を躍進させてきたタイアップだったが、今回の大塚愛はアップに繋がらなかった。トップ10入りは21作連続通算21作目。

*9位…10-FEET 「hammer ska」
初動0.9万枚

週間初登場9位。ロックバンド・10-FEETのシングル。1種リリース。前作「super stomper」(2種)の初動は9位・1.2万枚であり、約3000枚減。初日のデイリーで、リリース条件が悪い秦基博に敗れるスタートとなったことが響き、前作から売上を下げた。9位はグループ最高位タイ記録。トップ10入りは3作連続となった。

10位…WaT 「24/7~もう一度~」
初動0.9万枚

週間初登場10位。俳優のウエンツ瑛士と小池徹平によるユニット・WaTのシングル。2種リリース。前作「君が僕にKissをした」の初動は7位・1.8万枚であり、なんと半分となる大幅減。非常に厳しい結果となった。9位の10-FEETとの差は僅か101枚だったが、11位の秦基博との差もたったの45枚であり、間一髪でトップ10落ちを免れた形である。そのトップ10入りは今作で10作連続に伸びた。

11位…秦 基博 「メトロ・フィルム」
初動0.9万枚

週間初登場11位。男性シンガーソングライター・秦基博のシングル。2種リリース。10月発売のアルバムからの先行シングル。前作「透明だった世界」(3種)の初動は13位・1.2万枚であり、約3000枚減。順位・売上共に前作からダウン。リリース条件の悪化が売上減に影響した模様。なお、10位のWaTとの差はわずか45枚だった。

15位…工藤真由 「Tomorrow Song~あしたのうた~」
初動0.6万枚

週間初登場15位。アニメ「ハートキャッチプリキュア!」EDテーマと劇中歌を収録。2種リリース。ソロ名義初のシングルリリースでトップ20入り。

19位…奥田民生 「最強のこれから」
初動0.5万枚

週間初登場19位。男性シンガーソングライター・奥田民生のシングル。8月発売のアルバムからのリカットシングル。1種リリース。前作「SUNのSON」(2種)の初動は9位・0.9万枚であり、約4000枚減。順位・売上共に前作から大幅ダウンとなった。

20位…葵 from 彩冷える 「MI DA RA」
初動0.5万枚

週間初登場20位。V系バンド・彩冷えるのボーカル、葵のソロシングル。2種リリース。一度もデイリートップ20に浮上しなかったが、週間でトップ20入りを果たした。

22位…長保有紀 「龍飛崎」
初動0.4万枚

週間初登場22位。演歌歌手・長保有紀のシングル。前作「木曽路の雨」の初動は24位・0.4万枚(合算週)であり、ほぼ同水準。1993年リリースの「虞美人草」(22位)以来、17年ぶりの自己最高位タイ記録となった。

26位…ダウト 「サイケデリコ∞サイケデリコ」
初動0.3万枚

週間初登場26位。V系バンド・ダウトのシングル。3種リリース。前作「青い鳥」の初動は33位・0.3万枚であり、ほぼ同水準。26位はグループ最高位記録である。

・下位&旧作拾い読み
   31位以下の新譜筆頭は、Loveの38位(2300枚)。次いで、冠二郎の39位(2200枚)。以下抜粋すると、52位に山川豊(1800枚)、54位に神野美伽(1800枚)、55位にavengers in sci-fi(1700枚)、58位にMINMI(1500枚)、59位にmonobright(1300枚)、60位に大沢桃子(1300枚)、64位に伊藤かな恵(1200枚)、71位にASIAN2(1000枚, ※1日集計)がランクインした。

   旧作は6位にAKB48「ヘビーローテーション」(1.5万枚、累積63.4万枚)、7位に氷川きよし(1.3万枚、累積9.1万枚)がランクイン。先週1位のV6は14位までランクダウン(6800枚、累積6.3万枚)。同2位の渡り廊下走り隊も16位へ後退(5800枚、累積4.4万枚)した。アニメ「けいおん!!」の放課後ティータイムのシングルが、今週6作同時トップ100入りを記録した。嵐の新曲発売効果で、旧作「To be free」が先週の50位から47位(2000枚、累積51.0万枚)、「Monster」が先週の89位から74位(990枚、累積69.3万枚)にランクアップした。

   なお、今週の100位は川野夏美で585枚。先週の110位から10ランクアップで、トップ100に返り咲いた。

デイリーチャート速報・暫定順位一覧
10/09/12(日)付オリコン週間暫定順位:週間速報直前、今週の最終予測
10/09/11(土)付オリコン週間暫定順位:3位争い、デイリー2位浮上の「けいおん!!」逃げきり有力!
10/09/10(金)付オリコン週間暫定順位:売上回復の少女時代、4万枚を超える勢いに
10/09/09(木)付オリコン週間暫定順位:「けいおん!!」 vs 少女時代…週間3位争いは「けいおん!!」優勢続く!
10/09/08(水)付オリコン週間暫定順位:”マスコミ総プッシュ” 韓国発・少女時代の売上推移に警戒
10/09/07(火)付オリコン週間暫定順位:嵐「Lφve Rainbow」初日で週間1位確定! 3位争いは混戦も?

10/09/12(日)付デイリーチャート速報:嵐「Lφve Rainbow」最終日に50万枚突破!少女時代が再び2位にランクアップ
10/09/11(土)付デイリーチャート速報:「けいおん!!」放課後ティータイムがデイリー2位に浮上!
10/09/10(金)付デイリーチャート速報:嵐「Lφve Rainbow」45万枚到達! 少女時代が2位に浮上!
10/09/09(木)付デイリーチャート速報:嵐「Lφve Rainbow」3日で40万枚突破! 「けいおん!!」が3日連続3位キープ
10/09/08(水)付デイリーチャート速報:嵐「Lφve Rainbow」2日目12.2万枚! 「けいおん!!」放課後ティータイムは2日で3万枚突破
10/09/07(火)付デイリーチャート速報:嵐「Lφve Rainbow」初日23.3万枚で1位! 3位「けいおん!!」 5位に少女時代
10/09/06(月)付デイリーチャート速報:”コンサート当日” 氷川きよしがデイリー1位に急浮上!

Love Rainbow 【初回限定盤】 (CD+DVD)
Love Rainbow 【初回限定盤】 (CD+DVD) furaha 嵐

ジェイ・ストーム 2010-09-08
売り上げランキング : 7

おすすめ平均 star
star嵐らしい爽やかなラブソング
star2曲ともメインにしていい1枚です
starドラマがよみがえる*

Amazonで詳しく見る


この記事をご覧の方には、以下の記事もおすすめです

11 Responses

  1. naka より:

    ワイドショー関連…オリコンチャート1~3位に触れず、4位だけピックアップしているところも(汗)。確かに快挙なんでしょうけど…。
    マスコミの連日の猛プッシュ…ちょっと食傷気味です(笑)

  2. みんと より:

    やっぱり嵐はすごいなぁ(汗)
    ほんとに凄い。
    何枚出しても売り上げが変わらないってなかなか難しいですよね。
    また来月にも発売しますが、映画もかなり注目されてるので、また凄いことになりそうですね…

  3. 上杉信玄 より:

    渡り廊下は初動+2週目で前作超しているようなので、累計も前作超しそうです。累計に関しては右肩上がりはまだ崩れていないでしょう

  4. トマス より:

    今回の嵐の新曲ですが、
    デイリーの合計ではAKB48のヘビーローテーションより5000枚低かったのに
    ウィークリーでは嵐の方が2000枚も多いのに驚きました。
    この7000枚の差は一体…
    しかし同じ形態の前々作を下回ったということで
    ここにきてようやく嵐の人気も一段落、という感じですね
    次回のシングルでも更に下げるのか、それとも挽回するのか
    今からどうなるのか楽しみです。

  5. えがお より:

    これだけメディアにプッシュされている少女時代と、プッシュなしのフレンチキスの売上差は三千枚しかないという・・・

  6. sato より:

    ワイドショーのオリコン速報には疑問を感じました。特にフジテレビ!4位の少女時代がメインで1位の嵐はついでのよう…。2、3位に至ってはまるでスルーでした。さらに夕方の番組は、シングル4位少女時代、アルバム1位東方の3人のいわば韓国勢だけを発表!
    驚きました。あまりいい気持ちはしませんね。

  7. あっとま より:

    HTT予想通り5万枚達成しました!
    ちょうど前回の劇中歌の売り上げが少女時代の実績でしたから、こちらも右肩上がりですね!
    今日放送の第24話でも新曲を披露しました!
    まだまだ旋風は続きます!
    21日発売のキャラソン2種、27日発売の原作4巻、30日発売のゲーム、10月6日発売のサントラ2(ホッチキスゆいあずバージョン収録)に加えて
    10月27日に2枚組フルアルバムの発売が発表されました!
    昨年の初週間アルバム1位のミニアルバム同様にスタジオ版とライブ版(23話での活動記録用カセット録音)を収録、
    更に初回盤にはそのカセットも付いてくると発表されました!
    DVD、BDとの連動キャンペーンも有るとの事です。
    初動10万枚達成なるか?ゴールドディスク大賞アニメ部門受賞なるか?話題は年末以降も続きます!
    (なお、披露楽曲は、天使にふれたよ、で梓ちゃんに贈る歌でした。来週も番外編の放送があります)

  8. 上杉信玄 より:

    >トマトさん
    デイリー非集計店ではAKBより嵐のほうが強いという要素もあると思いますが、ギリギリ嵐に勝たせる補正だったかも。モンスターもトラブルメーカーにギリギリ勝たせていたし

  9. はな より:

    マスコミのプッシュは世間にどんな影響を与えたくてのプッシュなのか。
    テレビをつければ出てくるのは同じグループ・同じ人ばかり。
    日本の芸能界はもっとバラエティーにとんでいるはずが、単調すぎる。
    世間の多くの人が求めて生まれた人気というより、マスコミによって押し付けらている強引さ・無理矢理感・ワンパターンの食傷を多数の人が感じている。
    サイレントクレーマーが多い日本人はただ去るのみ。残るのは誰だろう?それを狙ってのマスコミの動きなのだろうか?

  10. ひよゆ より:

    嵐の売り上げが前々作より下回ったのは先日の台風の影響もあるのでしょうか。
    初動で年間暫定5位浮上とはさすが、と言ったところですね。
    今後の売り上げの推移も楽しみです。

  11. ふっきー より:

    >あっとまさん
    ここは商品宣伝の場ではないと思うのですが……(´・ω・`)
    とりあえずGLAYが空気ですけど今回のセールスってどうなのでしょうか。