CDシングル売上がさらに縮小…オリコン週間30位が史上初の1500枚割れ、50位で900枚割れ、100位は僅か354枚

LINEで送る
Pocket

白鷺の宿最新(4/21付)のオリコン週間シングルランキングで、30位の売上枚数が史上初めて1500枚を割り、100位の売上枚数が史上初めて400枚を割ったことが分かった。
今週のシングル100位は、売上枚数が僅か354枚。従来の100位の最低記録は437枚であり、83枚下回った。この他、50位の売上枚数が800枚台に突入するなど、今週のシングルランキングの売上レベルは史上最低クラスとなっている。

   最新のシングルランキングでは、各順位で最低枚数記録の更新が相次いだ。30位の売上枚数は1478枚となり、オリコン史上初めて1500枚を割った。また、40位の時点で1067枚しかなく、50位は891枚となり、史上初の900枚割れとなった。さらに、60位が722枚、70位が618枚、80位が514枚となり、いずれも史上最低を記録。83位から500枚を割り、86位で431枚となり、従来の100位の史上最低枚数を下回った。91位から400枚を割り、オリコン史上初めてトップ100内で400枚割れを記録した。前述の通り、100位の売上枚数は354枚となり、従来の最低記録である437枚を大幅に下回った。

   今週は新譜の数が若干少なく、トップ100内の新譜は19作品だった。先週は23作品であり、今週はそれよりも4作少ない。ちなみに、直近で100位の売上枚数が1000枚を超えた13/12/09付では、48作品の新譜が登場している。新譜の数によって売上レベルに差が出ると言えるが、それは毎年同じことであり、長いスパンで比較すると、CDシングルの売上レベルが低下しているのは間違いないと言えるようだ。

■ 先週初登場7位の作品、この最低レベルのチャートで2週目100位以内に残れず
   そんな “超超超…” と超が何個も付くような低レベルなチャートであるにもかかわらず、先週の週間ランキングで1万枚以上を売り上げて7位に初登場した作品が、2週目の今週に早くも100位圏外に姿を消した。その作品はアイドリングNEOの「Sakuraホライズン」で、7位→101位へと転落。先週の初動売上は11513枚だったが、今週は僅か349枚だった。

   特筆すべきは、史上最低枚数の100位だったチャートでの転落劇であること。この事実が、不名誉度を際立たせている。


4/21付のオリコン週間ランキングランキングで更新された
各順位の史上最低枚数記録一覧

*40位
*1,067枚 : カメレオ 「♪ラララ♪/時給\850」 (2014/04/21付) 

*50位
**,891枚 : Rihwa 「春風」 (2014/04/21付)

*60位
**,722枚 : lyrical school 「brand new day」 (2014/04/21付) 

*70位
**,618枚 : ケツメイシ 「カリフォルニー」 (2014/04/21付) 

*80位
**,514枚 : 吉田山田 「日々」 (2014/04/21付)

*90位
**,401枚 : SCAPEGOAT 「赤いバスルーム」 (2014/04/21付) 

100位
**,354枚 : 城之内早苗 「白鷺の宿」 (2014/04/21付) 

白鷺の宿
白鷺の宿 城之内早苗

テイチクエンタテインメント 2014-02-18
売り上げランキング : 17548

Amazonで詳しく見る

関連記事
14/04/21付 オリコン週間シングルランキング結果速報
オリコンシングル週間ランキング 各順位の史上ワースト売上記録一覧

最低記録に関連する記事は、売上枚数を1桁まで掲載。


この記事をご覧の方には、以下の記事もおすすめです